« 厳しさを勝ち抜いて得るもの | メイン | 発毛業界の戦略 »

ETCカードの仕組み

 ETCカードとは、有料道路や高速道路(首都高速、東名高速など)の料金所で、クルマを一旦停止させずに料金を支払うことが出来るプラスチックカードのことを言います。ICチップが埋め込まれており、ETC車載器に挿入して使います。ETCカードには、ETC機能のみの「ETC専用カード」と、ショッピングなどでも利用できるクレジット機能も備えた「一体型ETCカード」の2種類があります。クレジット会社によっては、入会金や年会費が必要な場合もありますから、確認してみましょう。

 また、ETCカードは必ず乗車時に差しこみ、使える状態になったことを確認した上で走行をはじめましょう。走行中にカードを抜き差しすると危険ですから絶対に避けるようにしましょう。また、しっかりと挿入していないと、通信エラーが発生する恐れがあります。

 ETC未対応の料金所でも、ETCカードで料金の支払いができます。この場合は、一旦停止し、料金所の係員にETCカードを渡すと、ETCレーンを通過する場合と同じ方法で、精算されます。

About

2008年4月29日 16:15に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「厳しさを勝ち抜いて得るもの」です。

次の投稿は「発毛業界の戦略」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。