メイン

フロントエンド アーカイブ

2008年2月18日

コスメ業界の戦略

今日からウェブマーケティングについていろいろと考えていこうと思う。
第1回目はコスメ業界の戦略について書こうと思う。

コスメ・化粧品業界は新規顧客を掴む戦略に優れていると思う。
一番分かりやすいのはトライアルセットというお試しセットを用意し、それをまず顧客に「売る」。
そして気に入ったら正規品を買い続けさせるという戦略だ。

ポイントはトライアルセットをプレゼントするのではなく「買わせている」点。
一度お金を払った顧客は、次から財布のひもが緩くなりやすい。ココがポイントである。

このように、まず第一にやるべき事はお手軽にお客の財布のひもをゆるめること。
ココをクリアすれば継続的な顧客になることはそれほど難しいことではない。

2008年4月29日

ETCカードの仕組み

 ETCカードとは、有料道路や高速道路(首都高速、東名高速など)の料金所で、クルマを一旦停止させずに料金を支払うことが出来るプラスチックカードのことを言います。ICチップが埋め込まれており、ETC車載器に挿入して使います。ETCカードには、ETC機能のみの「ETC専用カード」と、ショッピングなどでも利用できるクレジット機能も備えた「一体型ETCカード」の2種類があります。クレジット会社によっては、入会金や年会費が必要な場合もありますから、確認してみましょう。

 また、ETCカードは必ず乗車時に差しこみ、使える状態になったことを確認した上で走行をはじめましょう。走行中にカードを抜き差しすると危険ですから絶対に避けるようにしましょう。また、しっかりと挿入していないと、通信エラーが発生する恐れがあります。

 ETC未対応の料金所でも、ETCカードで料金の支払いができます。この場合は、一旦停止し、料金所の係員にETCカードを渡すと、ETCレーンを通過する場合と同じ方法で、精算されます。

2008年7月24日

発毛業界の戦略

最近テレビCMでよく見かける発毛やカツラの業界の戦略がおもしろい。
まずはお試し診断からというお決まりのパターンだが、この業界の場合、お試しも有料で展開しているところがおもしろい。

価格は1万円前後のところが多い。結構高額だ。
発毛診断にいく人は、いわゆるハゲという悩みを抱えている人なわけで強いコンプレックスを抱いているに違いない。このような人は最初から有料であっても店に足を運ぶのだろう。

テレビCMでも実際の事例や、芸能人が「生える」と連呼するようなもので訴求している。
特にリーブ21のCMは良くできていると思う。(最近の新しいパターンのCMでは、「髪の健康診断という気持ちで受けてみてはいかがでしょうか?」とハードルを下げた訴求もしている)

お試しを有料で行っているのは発毛業界だけでなく、化粧品もトライアルセットという名前で安い金額で試せるセットを展開しているし、楽天で運営されているお店でも初回限定でお試しセットの販売を積極的に展開している。

マーケティング戦略でいうところのフロントエンド商品というわけだが、やはりどの業界にも共通する強力な手法なのだろう。
今後もマーケティング戦略を研究していく。

2008年10月28日

第二新卒って何?

最近、転職を考えていて、知り合いに「転職を考えてるんだよね」っていう話をすると「第二新卒の転職って大変らしいよ」っていわれます。

しかも、話す人みんなが「第二新卒の転職は大変」っていうことを言ってくるので、なんだか超不安になります。確かに第二新卒の転職活動って社会的にはネガティブなイメージをもたれているのかもしれないけど、私にとってはやりたいことがあっての転職なのでそこまで不安に感じていませんでした。

それでも周りの人からネガティブな発言を聞かされると、第二新卒で転職をするのではなく、ちゃんと3年以上働いてから転職しようかと悩んでしまいます。

なんでこんなに第二新卒って評価が低いんでしょうね?
別に個々の能力で見たら3年以上働いている人が必ずしも全て優秀だとは思わないんですけどね。

今会社を辞めて転職活動をするか、それとももう少し働いて社会的にちゃんと評価をしてもらえる3年目以上を迎えるかはもう少し真剣に考えてみようと思います。

About フロントエンド

ブログ「WEBマーケティングを極める」のカテゴリ「フロントエンド」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはダイレクトレスポンスマーケティングです。

次のカテゴリは日常生活です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。