« 未来 | メイン | 水族館なのにね »

廃車と自動車重量税の還付

自動車重量税とは、点検自動車と届出で軽自動車に対して課される自動車重量税法に基づいた国税で、管轄は国税庁です。

自動車重量税は新車購入時には3年分、車検時には2年分を納入します。金額は自動車の区分と重量によって決まり、さらに暫定税が上積みされたものが課税額となります。高いですものです。

自動車重量税の還付は、自動車解体後に廃車手続きと共に行なうことで受け取ることができます。またリサイクル法施工後は廃車により適正にリサイクルが行なわれた場合に、還付制度が受けられます。嬉しいことです。

納入した自動車重量税額を車検有効月数で割ったものに、車検残存月数を掛けたものが還付金額となります。軽自動車も同様です。

自家用乗用自動車の自動車重量税は0.5tごとに年間6,300円となっています。還付金額=(自動車重量÷0.5t)×6,300円÷12×車検残存月数

申請手続は自動車の解体後、還付申請書は廃車の永久抹消登録申請書と一体となっているので、還付手続と廃車の手続きが同時にすることができます。

所定の申請書を自動車は管轄の運輸支局か自動車検査登録事務所へ、軽自動車は管轄の軽自動車検査協会事務所へ提出します。これも助かります。

About

2009年11月18日 13:11に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「未来」です。

次の投稿は「水族館なのにね」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。